「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」

東京駅に来たのはこの展覧会を見るため。

前知識もなく言ったのですが、とにかく素敵で。

フランス宮廷御用達のジュエラーだったとの事で、実際にジュエリーを身に付けた王妃や貴婦人たちの絵が飾られており、時を超えて、同じものがここで実際に見られることに感動を覚えました。

キラキラしすぎず、現在のデザインに通じるところがあるのもツボでした。

許されることなら、飽きるまでずっと見ていたかった。

リピート割りがあるそうなので、もう少し涼しくなったらまた見に行きたいな。

タグ:

Recent Posts