「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」

こちらの映画を観て、「もっとアクセサリーを日常的に身に付けたい」と、

Jasminのネックレスをご注文いただきました。

公開になった時に観たいと思ったものの、それきりになっていたのを忘れていたので、早速週末Amazonで観てみました。

自分が良いと思ったものなら、ハイブランドからジャンクなものまで、

ミックスして自分のスタイルを自由に楽しむアイリス。

その審美眼は、インテリア・デザイナーとして世界中を巡り、いろんなものを見て養われたものだったのですね。

「ハリー・ウィンストンより4ドルのアクセサリーに心が躍るの」と、

楽しそうにお土産屋さんのアクセサリーコーナーを見て回る彼女の姿が印象的でした。

去年亡くなったビル・カニンガムもちょこっと出ていました。

「今度一緒に夕食でも」という彼女のお誘いも早々に、また写真を取りに行ってしまう姿は彼らしかった。

ファッションに造詣が深く、自由にファッションを愛する姿勢は、ビル・カニンガムと共通していますね。

私みたいあ作り手に取っては、ちょっと耳が痛い言葉も…。

まだまだです、自分。

タグ:

Recent Posts
Search By Tags
Follow Jasmin
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • Tumblr Social Icon
Archive