「べ二シアさんの四季の庭」

皆さま、あけましておめでとうございます。

昨日は私事で全くお正月気分が味わえなかったので、

今日はお正月らしく、ゆっくりのんびりさせていただきました。

昨年は結構映画を観たんじゃないかしら、

と思ってブログを振り返ってみたらそうでもなかった・・・(笑)

新しい映画は月1本強ってところですね。

あとは好きな映画をもう一度観るというパターンがすごく多かったのかも。

お正月に観る映画は、自分が憧れている人の映画にしようと、

「ベニシアさんの四季の庭」を観ました。

これはハーブのレシピやガーデニングだけの映画ではなく、

ベニシアさんのドキュメンタリー映画でした。

なので、NHKで放送されていた番組の延長としてみるとびっくりされるかもしれません。

(私もその一人です)

穏やかな彼女の笑顔と佇まいから、想像できない波乱万丈の人生だったのです。

貴族の家を飛び出して、インドを旅し、そこで若き師匠に出会い、

そして、日本へ到着し、長崎から東京へ。

東京の風月堂での出会いが、彼女を京都へと導きます。

京都で結婚し、大原の古民家で暮らしはじめますが、

娘さんの病気、旦那さんの裏切り、

様々な困難な事が彼女に降りかかります。

「最初は受け入れられなかった。でも、起こったことは受け入れるしかない。」

最後は、家族みんなで食卓を囲みます。

「家族全員そろって嬉しい~」

べネシアさんは、本当に嬉しそうに、手作りの料理でみんなをもてなします。

移り行く四季を通じて様々な表情を見せる彼女の庭は、

彼女の人生そのものなのかもしれません。

タグ:

Recent Posts
Search By Tags
Follow Jasmin
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • Tumblr Social Icon
Archive