「James Brown 最高の魂を持つ男」

June 20, 2015

twitter仲間の方の強いおススメもあり、観て来ました。

 

劇場は始めて行きましたが、有楽町のヨドバシカメラの上という、

こんな所に映画館があるのねっと思うほど、こじんまりした場所。

 

観客の方も私が若い方という珍しいパターン。

とはいえ、渋めのオジサマ方達が熱くJames Brownについて語っていたりしていい感じ。

私もいくつになっても、音楽好きでいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代もあるのでしょうが、すごく貧しい生い立ちで、両親も自分を置いて去ってしまう。

見世物として扱われたり、盗みで牢獄に入れられたり。

 

そんな過酷な思いをしながらも、

スターとして成りあがっていく姿を描いています。

 

そんな彼の音楽の源は、教会のゴスペル。

どんな状況にあっても、俺は俺なんだ!という強い意志。

 

ただ、その気持ちが過剰になり、他の人からすると傲慢さやわがままにもとられ、

絶頂期を過ぎると、だんだん人が離れて行ってしまう。

 

長年のパートナーにさえ愛想を尽かされてしまいます。

 

最後は「Try Me」という曲を歌い、彼に戻ってきてほしいと伝えるのですが、

やっぱり天才ゆえのどこが凡人にはわからない感覚、感情があるのかなと思いました。

 

 

それにしても、ホントパワフルな音楽、そして人生。

映画館で観て良かったです。

 

 

 

 

 

 

Tags:

Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Jasmin
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • Tumblr Social Icon
Archive
Please reload