二郎は寿司の夢を見る

November 12, 2013

「ミシュランガイド東京」で5年連続三つ星の評価を受ける鮨店「すきやばし次郎」の店主、
小野二郎さんに密着したドキュメンタリー。

もうすごい…の一言。


とにかく鮨に人生をかけてきた人だから、言う言葉が全部説得力があります。


「シンプルを極めるとピュアになる。」
「自分の仕事に惚れなきゃダメなんですよ。」


口数は少ないけれど、出てくる言葉は名言ばかり。

87歳になってもまだ現役でお鮨をにぎっていらっしゃるというのも驚きですが、
それでも毎日どうしたらもっといいお鮨が出せるか絶えず考えているというのもすごい。
頂上へ立ったからといって止まっていないんです、進化し続けている。

 

 


後を継ぐ長男と次男がお父さんの仕事を尊敬しつつも、
お店の看板を背負っていくプレッシャーや葛藤についても語ってらっしゃいました。
淡々としたお話の仕方でしたが、
お2人ともすごい努力をされてきたんだろうなと思います。

回転寿司や安いお寿司が出回り始めた事で、
魚が取れなくなってきた事も心配されてました。

お肉もそうですが、お鮨も昔の様に特別な時に食べる、
高級品でいいのではないかと。
その方が安心で美味しいものが食べられるのではないかと思います。

 

Tags:

Please reload

Recent Posts

April 5, 2020

March 22, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Jasmin
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • Tumblr Social Icon
Archive