May 24, 2020

コロナ前より、アマプラもネトフリも加入しており、新着映画は常にチェックしているのですが、

アマプラは「えっ、懐かしい!」というのが、出て来たりします。

若い時は、フランス映画を中心的に、単館映画をよく観に行きました。

今は家で好きな時見れる。

嬉しいような、ちょっと寂しいような不思議な気持ち。

カサヴェテス映画もあるので、びっくり。

今はない、六本木シネヴィヴァバンで観たのをよく覚えています。

November 20, 2019

是枝監督作品「真実」観てきました。

母と娘の関係は、好きと嫌いが表裏一体。

そんな関係性を是枝監督ならではの優しい目線で描いていきます。

カトリーヌ・ドヌーブが素晴らしい。

言うことは辛らつだけど、何処か可愛らしく、その言葉の本当の意味を知ると彼女なりの優しさを感じられる。

母を嫌いといいながらも、何かと世話をやくジュリエット・ビノッシュも素敵でした。

2人とも大女優で、いろんな映画で観てきましたが、容姿の変化は...

May 7, 2019

彼のコレクションは、攻撃的、アヴァンギャルド過ぎて好きにはなれなかったけれど、

この映画で彼のファッションに込めたメッセージと情熱を知り、胸を打たれた。

もう一回観たいくらい良かったなぁ。

ファッションドキュメンタリーが好きで、いくつも見たけれど、どんなに才能があるデザイナーでも、サポートしてくれる人達なしではブランドが成立しないのがよくわかる。

そうした人たちに囲まれ、資金難を乗り越え、成功していくにつれ、...

March 20, 2019

「We Margielaーマルジェラと私たち」

お洒落な人は好きな人が多かったマルジェラ。

私には難解で、ファッションというよりアートといった方がわかりやすかった印象があります。

マルジェラに関わった人たちの言葉をパズルの様につなぎ合わせて、

マルジェラという人物が浮かび上がらせていく。

マルジェラについて知っている人にはいいのかもしれないけれど、

エルメス時代の事やコレクションはほとんど触れず、

彼の作品があまり...

September 25, 2018

もう9月も末になってしまいました。夏が過ぎるとあっという間ですね。

インスタにあげると、こちらのblogもアップしたつもりになってしまいます。

先日、「ドリス・ヴァン・ノッテン/ファブリックと花を愛する男」を観ました。

劇場上映を見逃したので、DVDがレンタル開始が待ち遠しかった。

デザイナーの映画はいくつか観ましたが、コレクション前後の混乱とてんやわんやのお祭り騒ぎ(それが面白いのですが) 、彼のメゾンはと...

July 21, 2018

やっと観に行けました。

見終わった後、いろんな気持ちが交差して席を立ちたくなかった。

レビューや、ストーリーは見ず、なんの先入観もなく観て欲しい。

好き嫌いはあるかもしれない。

それでも観て欲しい。

June 24, 2018

またブログのアップに間が空いてしまった、あわわ(汗)。

インスタアップするとこちらを忘れてしまうのを何度繰り返したら済むのかしら、学習能力がない私( ;∀;)

寒かったり、暑くなったりと気温の変化が激しいせいなのか、

だるく、食欲もない日が続き、ゴロゴロと過ごしていた日。

現実逃避的に、

シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドのショーまでを追ったドキュメンタリーを観ました。

5回シリーズのドキュメンタリーだ...

May 16, 2018

見逃していた短観映画も、今はAmazonで観ることが出来るので嬉しい。

感想はインスタにすでに長文で上げてしまったので、ここでは割愛します。

https://www.instagram.com/p/BiyuPugAJz9/?taken-by=jewelryshopjasmin

やっぱり本はいいなぁ。

本は絶対紙で読みたい。

April 13, 2018

劇場で観るんだった。

予告編ではピンと来なくて、でもずっと気になっていて。

ジムジャームッシュの映画というと、どこか皮肉というか、とがっていたところがあって、

昔はそれが面白いなと思っていたけれど、この年齢になって、昔のジャームッシュの作品を見ると、ちょっと疲れてしまうなぁって。

でもこの映画はとても暖かくて、優しくて、穏やかで、

見ていると幸せな気持ちになって、気持ちがするすると解けていくような感覚を覚えまし...

January 9, 2018

お正月は大好きなヒッチコックの映画「裏窓」を観るのがここ何年も慣例となっていました。

毎回、イーディスヘッドがデザインするドレスを身にまとった優雅な姿のグレース・ケリーにウットリし、

結末はわかっているのに、ヒッチコックのサスペンスストーリーの綿密さに引き込まれていたものでした。

しかし、今年は何か物足りない…、見終わった後、母と二人で「もう見納めだね」という結論に。

ファッションは相変わらずため息ものでした...

Please reload

Recent Posts

Jasminの商品について、

日々のつたない事など、

いろいろと日記にしていきます。

 

 

April 5, 2020

March 22, 2020

Please reload

Archive